簡単に出来るネズミ駆除
2018年5月18日

ネズミ退治に四苦八苦

ネズミ退治は非常に困難なことが多いので、一般の人々がすると数週間かかるケースがあります。

ネズミというのは警戒心が強いので、毒エサを仕掛けても食べてくれません。一週間以上経過すると少しずつ警戒心がゆるむので食べることがありますが、通り道に置かないと二週間経っても放置されたままになります。ネズミを根こそぎ駆除するためには、行動を理解することは欠かせません。

例えば天井裏で走り回った後に、どのような通路を使って、巣に戻るのか知っておくと、毒エサを仕掛ける場所を決めることができます。殺鼠剤を食べたネズミは歩き回るので、粘着剤も仕掛けないといけません。粘着剤で捕獲しないとどこで死骸が見つかるのかわからないので、家の中が不衛生な状態になります。

ネズミ退治をするには様々な知見が必要不可欠なので、本来ならばその道のプロに依頼をするのが一般的です。業者ならば薬剤を使わないで、ネズミ退治ができるので、安心してまかせることができます。また侵入口を特定してもらえるので、将来的なネズミの侵入を防ぐこともできます。

侵入口を塞ぐのは小麦粉を撒けば足跡でわかりますが、手間がかかるので、多くの場合は業者まかせになります。かじり後を探すと通路を見つけることができますが、本当にネズミがかじったのか判断するのが少し難しくなります。忌避剤を用いれば外部からの侵入を防ぐことができますが、効果はあまり長くないので、定期的に設置しなければなりません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *