使用頻度が高いソフトウェアと言えばブラウザソフト

###Site Name###

パソコンのソフトウェアの中でも、使用頻度が高いのがブラウザソフトです。
ブラウザソフトは大勢のネットユーザーに愛用されています。



いま現在ではメジャーなブラウザソフトだけでも、五種類から六種類程存在しており、各々が自分のセンスに合ったソフトウェアを導入しています。



一般的なOSであれば、メジャーなブラウザソフト全てがインストール出来ますので、複数の製品を一台のマシンに入れる事も容易です。

役割と作業に応じてブラウザソフトを細かく使い分けるベテランネットユーザーも多く、ブラウザゲームは軽快なソフトで、ネットサーフィンは広告ブロック機能アドオンがあるカスタム性が強いソフトで、動画視聴はエンタメ系に強いソフトで進める等、役割分担をさせれば、より快適にパソコンが操作出来ます。
一般的に拡張性と軽快性は反比例する関係にあります。
豊富なアドオンが追加出来るソフトウェアは高機能ですが、動作スピードは平均的です。



一方でカスタム性が低い簡素なブラウザソフトは拡張性こそ望めませんが、ネットサーフィン程度の目的なら、むしろ高機能な製品よりサクサク動作するため、情報収集目的に使うなら非常に役立ちます。

ただ広告ブロックのアドオンがあった方が誤クリックが減るため、高機能ブラウザを活用した方がネットサーフィンが楽になる方々も多いはずです。

また一つのブラウザソフトでウインドウを多数作成すると、見たいページがどこにあるか混乱しやすくなります。

そこでソフトウェア単位で作業するウインドウを分担させれば、欲しい情報ページがどこにあるか直感的に判断出来ます。