仮想化基盤のクラウド利用

###Site Name###

仮想化基盤でもクラウド利用が進んでいます。

これまでの仮想化基盤ではサーバ上で複数のOSを仮想的に動作させることが多かったのですが、クラウドを利用して動的に仮想化環境を変化させるようになってきています。

仮想化基盤で重要なのがベースとなるOSです。



物理的なサーバを利用する場合にはリソースなどを設定してデータを入力することになりますが、クラウドの場合も同様に処理が行われます。

NAVERまとめを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

しかし、クラウドを利用する場合には物理的なサーバとは違う機能を持たせる場合も多くなっています。
クラウドで仮想化基盤を利用する場合にはOS自体を考慮しないケースも多くなっており、アプリケーションレベルで仮想化する場合もあります。



アプリケーションレベルで仮想化する場合はウェブブラウザなどで利用することが前提となるケースが多いですが稼働速度等は問題ないと考えられています。


OS自体を仮想化する場合に比べてアプリケーションレベルでの仮想化はリソースの最適化やコスト削減にも繋がり好評です。

しかし、アプリケーションによっては仮想化できないケースも多いのでこれまでどおりのOS単位での仮想化にも対応が進められています。

インターネットを利用しますが、クラウド上でライブマイグレーションが行われるので物理的なハードウエアと同等の速度でライブマイグレーションが行え、また、場合によってはハードウエアよりも早い対応が可能なクラウドサービスも登場してきています。