サーバーを有効活用する仮想化基盤の仕組み

###Site Name###

通常、業務システムは一台のハードウェアに一つのOSをインストールし、そのOS上で一つのアプリケーションを動作させます。ハードウェアのマシンパワーに余裕があれば一つのOSで複数のアプリケーションを動作させることも可能ですが、その場合どれか一つのアプリケーションを更新する際に無関係な全てのアプリケーションを停止させる必要が出る場合もあり、あまり良い運用とは言えません。



そこで出てきた考えが仮想化基盤となります。

仮想化基盤は一つのOSに一つのアプリケーションの考えは変わりませんが、一台のハードウェアには複数のOSをインストールして使用します。


一般のパソコンでも一台に複数のOSをインストールすることができますが、これは起動時にどれか一つのOSを選択してそのOSだけを動作させます。
しかし仮想化基盤の場合は一台のハードウェアにインストールした複数のOSが全て平行して動作します。

Ameba Newsを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

この機能を実現するためにハードウェアとそれぞれのOSの間に入って仮想化を行うソフトウェアが存在します。

仮想化基盤によって一つのハードウェアに複数のOSが動作している状態では、どれか一つのアプリケーションを更新したい場合であればそのアプリケーションが動作しているOSに対してのみ操作ができるため、他のOSとアプリケーションには影響が出ません。



また、アプリケーションの負荷がさほど高いものでなければ、一つのハードウェアに集約することでコスト面の節約にも役立つ有効な技術となっています。