仮想化基盤と物理コンピューター

###Site Name###

仮想化基盤を理解する上で、物理コンピューターと仮想コンピューターの理解は必須です。


一つのコンピューターの中に、複数のコンピューターがルカのように見せる技術が仮想化基盤だと言えるでしょう。
ですから、外からアクセスしたときには、複数のコンピューターがあるように見えるのですが、実際には一つのコンピューターしかないという状態を維持できます。



このとき、実際に存在している一台のコンピューターのことを物理コンピューター、中にあるそれぞれの独立したコンピューターに見える部分を仮想コンピューターと呼びます。


このような発想は昔からあったのですが、応用されることはあまりありませんでした。

BIGLOBEニュースはこちらのサイトで情報公開中です。

あるOSの上で別のOSを動かす技術と言っても良いでしょう。

それが必要なケースというのは非常にまれだったのです。しかしながら、最近になってインターネットの技術が進歩してくると、インターネット上に設置されるサーバーが重要なものとなってきました。


このサーバーは非常に複雑なもので、小さいものが多数必要になることもあります。

例えば、100人のユーザーがそれぞれのサーバーを持つことが必要とされることもあったのです。

しかし、それぞれが処理をあまり行わないのなら、一台のコンピュータに100人分の仮想コンピューターを設置する方がコスト面で優れています。



このようなことから、インターネットの普及ともに仮想化基盤が再認識されるようになってきたのです。