仮想化基盤を実現するために

###Site Name###

仮想化基盤はサーバを増やせば実現できるものではありません。
また、1台のサーバでは仮想化基盤としては大変心もとないものがあります。

仮想化基盤では主に2つの観点で準備しておくことが必要です。

Yahoo!ニュースに関しての情報が閲覧できます。

1つ目はサーバの台数です。仮想化するので1台のサーバに複数のOSを搭載することになり、サーバの台数を減らす効果が期待されていますが、最低でも2から3台程度はサーバを用意しておくとよいと言われています。

これはサーバの障害時に予備サーバにライブマイグレーションするために必要であること、また、高負荷時に負荷分散させるために複数のサーバを利用するためです。

普段はスリープさせることも可能ですのでコスト的にはそれほど上がらずに実現可能です。
2つ目はリソース管理を自動化することです。

サーバごとにリソースの管理が必要となります。

負荷が予測できる場合には人間側でスケジューリングできますが、急激な負荷には対応が遅れることもあります。

そこでリソースの負荷に合わせてリソースを増減させる仕組みが用意されています。
これらの操作はスクリプトで可能になりますが、あえて利用せずに人員による監視を行う場合があります。



リソース管理の自動化は企業の判断ですがコスト削減のためには自動化が必須ともいえます。


仮想化基盤は企業によって構築の思想が変わってきます。



柔軟な対応ができるのも仮想化基盤の特徴であり難しい点でもありますが、調査をしっかるすることで企業ごとの最適解を探せると言われています。